年々進化する、デパートおせち

我が家では私が子供の頃から毎年、大晦日に母がおせち料理をすべて作っていました。ところが4年前から母は痴呆症にかかり、おせち料理どころか普通の料理も作ることが困難になってしまいました。毎年出汁巻き卵や栗きんとん、煮豆やローストビーフなどの肉料理を作ってくれていて、それが我が家のおせちの味でした。もう二度とあの味に会えないのかと思うと寂しさがこみ上げてきますが、致し方ありません。悲しんでいても母が可愛そうですし、気持ちを切り替えることにしました。

私にはとてもおせちを作れる技術はなく、4年前からは注文することにしました。インターネットやスーパーなど、おせち料理を販売しているところは多いのですが、年に1回のことだし、ここは豪勢にデパートのおせちにしようと、百貨店の料亭おせち予約を毎年しています。

私の注文しているデパートは年々、出店数が増え、バリエーションが豊富です。値段もピンキリで家族3人分のものだと1万円を切るものから4万円を超えるものまであります。ただ、このデパートのおせち料理は早いもの順です。2万円~3万円前後の価格帯の、和食をベースにしたものに人気が集中し、何でもワンテンポ行動の遅い私は売り切れの札を前に悔しい思いをしています。

和のおせちにもいろいろあって、地元の有名日本料理店のものから、隣県や京都の有名料理店のものまでいろいろです。おせち業界も競争が激しいのか、お重の内容は年々豪華になっている気がします。今年はアワビの入ったお重まで登場しました。

間に合えば2~3万円の県内か隣県の有名店のおせちを購入するのですが、売り切れの場合、ちょっと他とは違う趣向のおせちを購入します。
父も母も洋食と中華が好きなので、去年は県内の有名なイタリアンレストランのおせちを注文しました。ローストビーフがたっぷり詰まったお重で、母の作ってくれたおせちを彷彿とさせます。栗きんとんの変わりにティラミス、魚類はマリネ、ととても凝った内容で、父母ともに満足していました。

今年は中華のお重を注文しました。全国的に有名な中華料理店のお重で、海鮮もの、肉類、野菜、縁起物のお菓子とバランスよく入っていて飽きがきません。
どの店も毎年内容を替え、バージョンアップしてくるので、デパートのおせちが毎年楽しみになりました。

手作りのお節料理は準備が大変

ここ数年は毎年おせち料理を作っています。
それ以前はおせち料理を頂いたり、髙島屋おせちで注文して購入したこともありました。

仕事などで年末も忙しい時は、何も作らなくて良いおせち料理は大変便利です。
特に魚屋さんのおせち料理は海の幸がとても美味しく、とても家では作れないような料理が入っていました。

昔は三が日に主婦が休むためにおせち料理を作ったようです。
しかし今それをやろうと思っても、3日連続で同じ料理を食べるのはさすがに飽きてしまいます。

また、部屋が暖房で暖まっているので、おせち料理を出したり、片付けたりしているうちに、料理が傷んでしまいます。
その為、冬の時期でもあまりたくさん作らないようにしています。

年末年始はどうしても家事の負担が大きくなってしまいます。
そのため、この時期は他の用事をなるべく入れないようにしています。

特にお正月料理を作る人は三が日は1年の中でも、お盆と同様にもっとも忙しい時期です。
その為、一息つけるのはお正月が終わってからになります。

お正月にのんびりできる人とそうでない人の差が大きいような気がします。
おせち料理を作る人以外も、三が日は休みならば、みんなでもしくは交替でお正月料理を作るようにしたほうが良いかもしれません。

もしくはどこかへ旅行して、旅先でごちそうやおせち料理を楽しむのも良い方法だと思います。
私は数年前までは年末年始に呼ばれる側でしたが、今では呼ぶ側になってしまいました。

その為、お客として呼ばれていた側の立場しかわからなかったのですが、改めてお客を呼ぶ側の大変さを毎回実感しています。

なるべく手作りのおせち料理の方が喜ばれますが、それを準備する側は大変です。
どちらもあまり負担にならないような年末年始のスタイルにしていきたいものです。

しかし、年配の世代がいるうちはどうしても伝統のスタイルが優先されてしまいます。
とは言え、時代が進むとともに、おせち料理の有り方も少しずつ変わっていくのだろうと思います。