お正月を守る、みんなの髙島屋

毎年流れるデパートでのおせち商戦が始まったというニュースを眺めながら(年が暮れるな、なんだか一年早いな。)など考えるのがごく当たり前になった。
人気の吉兆おせちを髙島屋通販で予約するなんてお金持ちが、実は本当に羨ましい。

実はかつて同じニュースを見た時に「おせち料理を買って済ませるだなんて!」と子供心に思ったのを克明に覚えている。買う人はとんでもない堕落をしているような気がしたのだ。うらやましいなとも思っていた。当時はとにかく年末になると問答無用で作らされ、それほどおいしくもないのに何故か作って食べなくてはならないお正月の謎の食べ物として君臨していた「おせち」とはある種、人生における義務だったからだ。

この義務は大変に重かった。

こんにゃくを捻じ曲げる技を身に着けたのも、延々と焦げないようにきんとんを練る技も、ついでに出来上がったそれらをいかにもそれっぽく四角い中に納めなくてはならない技も、全部どれもこれも、強力な叱責とともに身に着けた。

祖母が、母が、己の技術を伝承しようとするというよりも、どちらかというと己の生活力の誇示のために、また同時にいまだにそれを身に着けていない新入りのムスメをシバくのに恰好の場だったのだ。

こんなこともできないのか。これも知らんのか。右から左から降り注ぐ嫌味や叱責の数々。さぞかし大昔のお嫁さんたちとしてこのおせち伝承でいびられては悔しい思いをしたに違いない。そしてこうして今も負の伝統として直面させられているのだなとわなわなしながら包丁を握っていたものだった。そういえばすっかり忘れていたがあまりに叱られたためにうっぷん晴らしでこんにゃくをめった刺しにしたことまであった。

しかしそんな真っ暗な思い出はもう歴史のかなたに消えつつある。本当に良い時代になった。今は買ってくればよい。なにせもうできていて、置いておけばよいだけなのだ。お正月気分を最初からぶち壊すあんな年末年始の不穏な空気など伝承する必要なら全くない。それよりも「置いておきさえすればお正月らしくしてくれる四角い箱に入った豪華そうなお料理」として訳も分からず食べているほうが平和な時間が送れるというものだ。

お正月らしさというのはコンビニエンスになりすぎたこの頃はほっておくと消えてしまいかねないが、おせちがある種の漬物石となっていれば大丈夫。限りなく気楽にそして楽しいお正月が演出できる。日本は良くも悪くもこうした換骨奪胎が得意技。おせち商戦もニーズがあるというだけでなくて、限りなく軽く楽にしていこうという大きな流れの中にあるんだろう。

もしかしたら将来は「お茶やってました、お花やってました、和服着るんです。」に並んで「私、おせちも作れるんです。」のセリフが婚活市場で「おお、ちょっとすごいなこの人。お嬢様。」といったスペックやスキルの判断材料になっていく日も、近いんではないのかなぁ。

年々進化する、デパートおせち

我が家では私が子供の頃から毎年、大晦日に母がおせち料理をすべて作っていました。ところが4年前から母は痴呆症にかかり、おせち料理どころか普通の料理も作ることが困難になってしまいました。毎年出汁巻き卵や栗きんとん、煮豆やローストビーフなどの肉料理を作ってくれていて、それが我が家のおせちの味でした。もう二度とあの味に会えないのかと思うと寂しさがこみ上げてきますが、致し方ありません。悲しんでいても母が可愛そうですし、気持ちを切り替えることにしました。

私にはとてもおせちを作れる技術はなく、4年前からは注文することにしました。インターネットやスーパーなど、おせち料理を販売しているところは多いのですが、年に1回のことだし、ここは豪勢にデパートのおせちにしようと、百貨店の料亭おせち予約を毎年しています。

私の注文しているデパートは年々、出店数が増え、バリエーションが豊富です。値段もピンキリで家族3人分のものだと1万円を切るものから4万円を超えるものまであります。ただ、このデパートのおせち料理は早いもの順です。2万円~3万円前後の価格帯の、和食をベースにしたものに人気が集中し、何でもワンテンポ行動の遅い私は売り切れの札を前に悔しい思いをしています。

和のおせちにもいろいろあって、地元の有名日本料理店のものから、隣県や京都の有名料理店のものまでいろいろです。おせち業界も競争が激しいのか、お重の内容は年々豪華になっている気がします。今年はアワビの入ったお重まで登場しました。

間に合えば2~3万円の県内か隣県の有名店のおせちを購入するのですが、売り切れの場合、ちょっと他とは違う趣向のおせちを購入します。
父も母も洋食と中華が好きなので、去年は県内の有名なイタリアンレストランのおせちを注文しました。ローストビーフがたっぷり詰まったお重で、母の作ってくれたおせちを彷彿とさせます。栗きんとんの変わりにティラミス、魚類はマリネ、ととても凝った内容で、父母ともに満足していました。

今年は中華のお重を注文しました。全国的に有名な中華料理店のお重で、海鮮もの、肉類、野菜、縁起物のお菓子とバランスよく入っていて飽きがきません。
どの店も毎年内容を替え、バージョンアップしてくるので、デパートのおせちが毎年楽しみになりました。

手作りのお節料理は準備が大変

ここ数年は毎年おせち料理を作っています。
それ以前はおせち料理を頂いたり、髙島屋おせちで注文して購入したこともありました。

仕事などで年末も忙しい時は、何も作らなくて良いおせち料理は大変便利です。
特に魚屋さんのおせち料理は海の幸がとても美味しく、とても家では作れないような料理が入っていました。

昔は三が日に主婦が休むためにおせち料理を作ったようです。
しかし今それをやろうと思っても、3日連続で同じ料理を食べるのはさすがに飽きてしまいます。

また、部屋が暖房で暖まっているので、おせち料理を出したり、片付けたりしているうちに、料理が傷んでしまいます。
その為、冬の時期でもあまりたくさん作らないようにしています。

年末年始はどうしても家事の負担が大きくなってしまいます。
そのため、この時期は他の用事をなるべく入れないようにしています。

特にお正月料理を作る人は三が日は1年の中でも、お盆と同様にもっとも忙しい時期です。
その為、一息つけるのはお正月が終わってからになります。

お正月にのんびりできる人とそうでない人の差が大きいような気がします。
おせち料理を作る人以外も、三が日は休みならば、みんなでもしくは交替でお正月料理を作るようにしたほうが良いかもしれません。

もしくはどこかへ旅行して、旅先でごちそうやおせち料理を楽しむのも良い方法だと思います。
私は数年前までは年末年始に呼ばれる側でしたが、今では呼ぶ側になってしまいました。

その為、お客として呼ばれていた側の立場しかわからなかったのですが、改めてお客を呼ぶ側の大変さを毎回実感しています。

なるべく手作りのおせち料理の方が喜ばれますが、それを準備する側は大変です。
どちらもあまり負担にならないような年末年始のスタイルにしていきたいものです。

しかし、年配の世代がいるうちはどうしても伝統のスタイルが優先されてしまいます。
とは言え、時代が進むとともに、おせち料理の有り方も少しずつ変わっていくのだろうと思います。

やっぱり気になるパーフェクトスーツファクトリーの福袋

いつもは買えない憧れのブランドの福袋を目がけ朝から並び、お年玉をつぎ込むもやっぱり売れ残りの寄せ集めで正月早々嬉しいような悲しいようなというのはよくある話です。私も経験あります。

本音を言えば、パーフェクトスーツファクトリー福袋が欲しかったりするわけです。彼氏にパーフェクトスーツファクトリーのスーツを着て欲しいなって思っていたので。

でも、服と代わって電化製品は最近では一番争奪戦があるんじゃないのかといった感じで、福袋に高額商品入っているんじゃないかとという期待感が高いです。

あと今は福袋用に作られた商品の詰合せとして「ハッピーバッグ」になって中身も公開されてるところもあり、さらにあっても困らない食品なら人気が集中するのは分かる気がします。スタバやタリーズ、カルディなど。

昔の話になりますが、そうして我が家も福袋に失敗した経験からミスタードーナツの福袋は数年買い続けていました。父がよく家に買ってきてくれたので、昔あったスクラッチでポイントを集めて定期的に入れ替わる景品との交換も頑張ってました。その余った景品の詰合せとドーナツがセットになった福袋で、ポイントを集める努力を知るものとしてはこれもまた嬉しいような悲しいようなという気分もありますが、中身が大体分かっていることもあり裏切らない内容でした。
そういえば、いつからかドーナツが後で引き換えるクーポンになっています。

そう考えると一人で楽しむよりはみんなで楽しむイベントとしてとらえることもできると思えます。

ネットで開封を公開するスタイルもよくあり、ヴィレッジヴァンガードは元々取り扱っている商品からも何が出てくるのかというネタのために購入している行為そのものを楽しんでいるように思えます。そういった意味では中古ゲームなんかもよく見かけます。

福袋ではなく鬱袋とか言われたりもありますが、お正月に店頭で見たり買った人とすれ違うとやっぱりちょっと目で追ってしまう自分がいたりします。
なんだかんだ気になって毎年のように福袋について調べて楽しんでしまっているが、自分もその流れにのってしまっていいんだろうかと。どうする?次の福袋。

足から始める至福の時間

久しぶりに足湯をしてみました。
桶にお湯をはり、アロマオイルを数滴。
湯気とともにフワ〜っと、ハーブのさわやかな香りに包まれて、最高に幸せな気分を堪能しました。
ゼラニウムの香りが本当に好きで、色々試しても結局これに戻ってきてしまうほどです。

仕事を始めたての右も左もわからない頃、忙しさとストレスで大変な時期が私にもありました。
そんな中、ある同僚が通り過ぎるだけで瞬時にリフレッシュできる現象が起きていました。
その理由がゼラニウムの香りだったのです。
彼女が側を通るたび、気持ちに余裕ができる気持ちになるので、ついには自分で持ち歩くようになったのです。この時から私の癒しです。

足湯効果での足からじんわり暖かくなり、体温も上がる気分。
これだけでも充分に癒やされるのですが、
最近はここからがメインイベント。
官足法という足の裏を専用の棒よく揉みほぐし、
血液循環を良くすることで冷え性や肩こりを始めとする
様々な不調に効くという健康法です。

以前何となく『足つぼ、図』とネットで調べたのがきっかけで、官足法を知りました。
早速、本と専用の棒を購入して実践してみたのです。
足の裏は身体の臓器と関係があり、その本には足の裏の図がどこの臓器に対応するか表がありました。
説明どおりに足のつま先から膝上までグリグリ。
両方の足が終わる頃には足だけでなく、身体も熱いです。この後は30分以内に500cc以上の白湯を飲むので、完全に全身温まります。
驚いたのは、翌日の朝。
明らかに身体が軽く、すっきりしていたのです。
いつも目覚めが良い方ではなく、しっかり寝ても身体がだるい感覚だったはずなのに。
ここから、官足法の教えに沿ってグリグリ強く揉みほぐすのが日課となりました。
時間がとれる日は、念入りに行います。

既に足湯でポカポカしている足に、保湿クリームを塗り込んでいきます。
これもまた良い香りで癒やされるんです。
クリームは柚子の香り。癒し重ねです。
まずは、左足の腎臓の部分から、湯尿管、膀胱とグリグリ。次々に場所を変えていき、白湯を飲む。
あっと言う間に1時間以上が経過していました。

息が止まるかと思うほどの痛みを感じることもありますが、痛いからこそ強く揉み潰すという教えに沿ってやっています。結果の方が楽しみですから。
今は、花粉症改善を期待しながらグリグリしています。
ひそかな日々の楽しみ、しばらく続けようと思います。